【企業向け】派遣と委託のメリット・デメリット


一見、似たような業務形態と思われがちな「派遣」と「委託」。
しかし実際は全くの別の業務形態となり、曖昧なまま契約すると取り返しのつかない事態になりかねません。
そこで今回はは「派遣」と「委託」の違いとメリット、デメリットについて解説していきます。

派遣と委託の違い

 1-1.派遣について

厚生労働省が定める「労働者派遣事業」には

労働者派遣事業とは、派遣元事業主が自己の雇用する労働者を、派遣先の指揮命令を受けて、
この派遣先のために労働に従事させることを業として行うことをいいます。

と記載してあります。
つまり、派遣会社と労働者が直接雇用を結び、その派遣会社の指示を受けて別の企業で仕事をする就業形態を一般に「派遣」と呼びます。

 1-2.委託について

委託とは、主に自社で対応ができない業務を外部の企業や個人の方へ委託をする契約のことを言います。
雇用契約を結ぶわけではありませんので、仕事を依頼する側と引き受ける側は対等な立場で業務を遂行していきます。

派遣と委託を利用するメリット・デメリット

 2-1.派遣を利用するメリット

繁忙期だけなど、必要な時期に必要なリソースだけ派遣してもらうことが可能です。
また、基本的に実務経験者が在籍しているため決算やマーケティングなど
スキルが求められる業務の人手不足を補うことができ、即戦力として活躍してくれます。

 2-2.派遣を利用するデメリット

派遣はあくまでも社外の人材であり、限られた期間の就業となるため重要な業務を任せることが難しいです。
お任せする業務は期間終了後も見据えて依頼することが必要です。

 2-3.委託のメリット

労働者と直接雇用を結ぶわけではありませんので「労働法」の適用外となります。
そのため、保険料などを支払う義務が発生しないため、コストを削減することができます。
また、委託は「労働力」を提供されるわけではなく、あくまで「仕事の成果」のベースでの提供となりますので、
仕事を依頼したいときに必要に応じた依頼することができます。

 2-4.委託のデメリット

あくまで対等な立場であり指揮命令関係にないため、業務の質を管理することができません。
そのため、成果物をめぐってもめるケースがあります。
また、社内に経験が蓄積されないため、頻繁に委託を利用する場合はかえってコストがかかる可能性があります。

まとめ

今回は「派遣」と「委託」の違いについてまとめてみました。
双方の特徴を理解した上で、うまく活用していきましょう!

「カラレス」では、様々なニーズに対応できるマッチングシステムを確立しており、

お客様の企業スタイルや必要なシーンに合わせた材活をご提案可能です。
費用を多くかけられない企業様もぜひご相談ください。

派遣社員でお困りの際は、ぜひ弊社までお問合せください。

一覧に戻る