ハラスメント防止方針

ハラスメント防止宣言

カラレス株式会社(以下「カラレス」)では、健全な職場環境を守るため「ハラスメントの防止」を会社として真剣に取り組んでいくことを宣言しています。
職場におけるハラスメントは、働く人の個人としての人格や尊厳を不当に傷つける社会的に許されない行為であり、働く人の能力の妨げにもなることから絶対にあってはならないものです。また、会社にとっても職場秩序や業務への支障にもつながり、社会的評価に悪影響を与える問題です。
カラレスは、ハラスメントのない健全な職場環境の確保を会社の責任と考え、下記のように基本方針を定めます。

ハラスメント防止方針

1. カラレスのハラスメント撲滅に向けた取り組みについて
当社はハラスメントの防止と撲滅に取り組み、下記の行為を絶対に許しません。この取り組みの対象は、役員、正社員、派遣労働者、パートタイマー等、カラレスの従業員全員及びお客様、お取引先様の社員の方等を含みます。

(1) 妊娠・出産・育児休業・介護休業等に関するハラスメント行為について
・職場において、従業員の妊娠・出産及び育児・介護等に関する制度または措置の利用に関する言動により従業員の就業環境を害する行為
・職場において、従業員の妊娠・出産及び育児・介護等に関する制度もしくは措置の利用の請求等またはその利用を阻害する行為
・妊娠・出産等に関する言動により女性従業員の就業環境を害する行為

(2) セクシュアルハラスメントに関する行為について
・職場において行われる性的な言動
・職場において行われる性的な言動に対して拒否、抗議等を行った従業員に対して働く上で不利益を与える行為
・職場において行われる性的な言動により、従業員の就業環境を妨げる行為

(3) パワーハラスメントに関する行為について
・職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係など、職場内での優位性を背景に業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与え、職場環境を悪化させる行為
・勤務場所、就業時間内に限らず、実質的に職場の延長とみなされる就業時間外に行われる職場等の宴席、会社行事等で理不尽な要求をしたり、役務の強要をする行為

2. ハラスメントの行為者への対応について
ハラスメントの行為者に対しては、事実関係を調査の上、就業規則に基づき、厳重な処分を行います。その他、行為者の異動等、被害者の労働条件および就業環境を改善するために必要な措置を講じます。
このほか、必要と考えられる取り組みについて、随時実施してまいります。

3. ハラスメント防止に関する取り組みの周知徹底や研修等の実施
ハラスメント防止に関する取り組みの周知徹底・研修の実施などにより従業員全員に知識を習得させることで、組織内の意識改革・再発防止策を図ります。

4. ハラスメントに関する相談窓口について
ハラスメントに関する相談に対応するために、専門に相談を受け付ける「ハラスメント相談窓口」を設置、相談員を任命し、解決に向けたサポートを行います。
相談窓口担当者は相談者からの事実確認の後、本社及び社長・部長(以下「責任者」)へ報告する。報告に基づき、責任者は相談者のプライバシーに配慮した上で、必要に応じて行為者、被害者、上司その他の従業員等に事実関係を聴取する。聴取を求められた従業員は、正当な理由なくこれを拒むことはできない。
なお、相談者はもちろん、事実関係の確認に協力した者に不利益な取り扱いは行いません。

<ハラスメント相談窓口>
カラレス株式会社 
担当 : 管理課 課長
TEL:06-6343-5233 承り時間9:00~18:00(土日祝祭日を除く)
〒530-0001 大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル11F

令和2年5月
カラレス株式会社
代表取締役社長 林 大幹